食物繊維 効果 ダイエット

食物繊維のダイエット!上手に摂って効果を上げよう

ダイエットには、食物繊維を多く摂ると効果的という話をよく耳にします。しかし、食物繊維と言っても種類は大きく分けて「水溶性」と「不溶性」に分けられます。では、よりダイエット効果が期待できるのはどちらなのでしょうか。その答えは、ダイエットの質によって変わります。

 

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維とは、一言で言ってしまえば水に溶ける(溶けやすい)ということです。ワカメなどの海藻類、納豆、山芋などの粘着質のある食べ物が当てはまります。

 

水溶性のものは、糖の吸収を抑えてくれることによって余分な脂肪を排出してくれる作用があります。また、整腸効果も期待できるので、便秘によってなかなかダイエットが進まないという人にもおススメです。

 

不溶性食物繊維

一方不溶性食物繊維とは、水に溶けない性質のものを指します。多く含まれる主な食品は、豆類、イモ類、キノコ類です。不溶性の効果は、腸内環境を整えることで便を硬くし、身体から有害な物質を排出してくれることです。

 

また、不溶性の食品は噛みごたえのあるものが多いので、噛むことによって満腹感が得られ、食事の量を減らせる効果もあります。しかし、便秘がひどいという人には、不溶性のものはおススメできません。便秘の人は腸の便を押し出す力が弱っているので、余計に詰まってしまう可能性があるからです。

 

水溶性と不溶性・食物繊維のバランスが大切

しかし、摂取するバランスとしては、水溶性のものよりも不溶性のものを多く摂ったほうが良いようです。だからといって、不溶性のものばかり摂っていればよいという話ではありません。

 

何事もバランスが大事です。どちらが自分に合っているかは、それぞれの身体の調子に合わせて選ぶようにしましょう。また、ダイエットは食物繊維ばかりでは上手くはいきません。野菜ばかり食べていると、逆に体調を崩してしまう可能性もあります。炭水化物でも糖分の少ない玄米や、脂肪分の少ない鶏肉などの食品を上手く摂りいれながらバランスの良い食事を心掛けてください。

 

さらに、野菜嫌いだという人は、食べ方を工夫してみるとよいでしょう。ヨーグルトと一緒に食べるとより効果的です。

 

 

まとめ

便秘で痩せられないと悩んでいる人は、運動不足の可能性もあります。長時間座っている人や、普段あまり外を出歩かないという人に症状は現れやすいので、心当たりがある人は一日数分でも体を動かすようにしましょう。

 

その上で、3食の食事の中にサラダを一品足してみたり、少し野菜の量を増やしてみたりして健康的にストレスなく痩せることが大切です。